vpnux Connector

PCにVPN接続ソフトを設定します。

ここではWindows 7(64bit)環境下における、VPN接続ソフト「vpnux Connector Lite」を例に、接続方法をご説明いたします。

Chapter 1. VPN接続ソフトのインストール

VPN接続クライアントPCにvpnux Connectorをインストールします。

詳しくは、vpnux Connector Liteの設定方法紹介ページの「インストール」の項目をご覧ください。

Chapter 2. 証明書ファイルの取得

次に、証明書ファイルを取得します。

以下の場所から設定ファイルをダウンロードします。

管理画面: ユーザー一覧 -> [ユーザーID]をクリック -> ユーザー情報

ca.crt

※設定ファイルは32bit版と64bit版が別々に提供されていますので、お使いの環境に合わせてお選びください。

Chapter 3. 証明書ファイルの配置

  1. 設定ファイル保存します。
    接続プロファイル作成時にプロファイル編集画面から参照できる場所に設定ファイル配置します。設定ファイルの保存先の一例として、vpnux Connectorのインストールフォルダがあります。

    vpnux Connectorのインストールフォルダの場所(Windows7 64bit環境の場合)… C:\Program Files (x86)\vpnux Connector Lite

  2. 設定ファイルを解凍します。
    openvpn_configフォルダの中にある、“ca.crt”が証明書ファイルです。

Chapter 4. 接続プロファイルの作成

次に、接続先を指定するプロファイルを作成します。また、複数のプロファイルを管理できます。(次回以降この項目の作業は不要です。)

  1. vpnux Connector Liteを起動します。
    ※vpnux Connector Liteがすでに起動している場合は、1.の作業は不要です。

    [スタート] → [すべてのプログラム] → [vpnux Connector Lite]を選択

    vpnux Connector

  2. vpnux Connector Liteが起動します。

    vpnux Connector起動時

  3. 接続プロファイルを作成します。[プロファイル]をクリックします。

    接続プロファイル追加

  4. [追加]をクリックします。

    プロファイル追加

  5. [プロファイルの編集]画面が表示されます。プロファイルを編集します。

    プロファイル編集

    [保存]をクリックします。

Chapter 5. VPNサーバとの接続

  1. スタートメニューを開き、[vpnux Connector Lite]を起動します。
    ※vpnux Connector Liteがすでに起動している場合は、1.の作業は不要です。

    [スタート] → [すべてのプログラム] → [vpnux Connector Lite]を選択

    vpnux Connector

  2. vpnux Connector Liteが起動します。vpnux cloudと接続するプロファイルを選択します。

    vpnux Connector

  3. [接続]をクリックします。

    vpnux Connector

  4. [接続]が開始します。

    vpnux Connector

  5. [接続]が完了しました。

    vpnux Connector

    接続確立時にはバルーンでお知らせします。

    vpnux Connector

    タスクトレイのvpnux Connectorアイコンを右クリックします。[表示]をクリックしてステータスが確認できます。

Chapter 6. 切断方法

  1. タスクトレイの[vpnux Connector]アイコンを右クリックします。

    vpnux Connector

  2. [表示]をクリックします。([切断]を選択して接続を切断することもできます。)

    vpnux Connector

  3. [切断]をクリックします。

    vpnux Connector

  4. [終了]をクリックします。

    vpnux Connector

vpnux Connectorの設定は以上です。



OpenVPN GUI for Windows

PCにVPN接続ソフトを設定します。

ここではWindows Vista(32bit)環境下における、VPN接続ソフト「OpenVPN GUI for Windows 1.0.3 [日本語版]」を例に、インストールならびに設定手順をご説明いたします。

Chapter 1. VPN接続ソフトのダウンロード

OpenVPN.JP 日本語情報サイトから[OpenVPN GUI for Windows]をダウンロードし、ファイルを解凍します。

Chapter 2. インストール手順

 VPN接続ソフトをVPN接続クライアントPCにインストールします。

  1. 解凍したファイルを実行します。
    インストールファイル
    exeファイルをダブルクリックします。

  2. セットアップウィザードが表示されるので[次へ]をクリックします。
    セットアップウィザード
  3. ライセンス契約書を読み、[同意する]をクリックします。
    インストール
  4. インストールコンポーネントを選択し、[次へ]をクリックします。(通常はそのままでOKです。)
    インストール
  5. インストールフォルダを選択し、[インストール]をクリックします。(通常はそのままでOKです。)
    インストール
  6. インストールが実行されます。
    インストール実行
  7. [次へ]をクリックします。
    インストール完了
  8. インストール完了後、[完了]をクリックします。
    インストール完了
 これでVPN接続ソフトのインストールは完了です。

Chapter 3. 設定ファイルの取得

 次に、クライアント設定ファイルを取得します。

 クライアント設定ファイル[client.ovpn]は32bit版と64bit版が別々に提供されていますので、お使いの環境に合わせてお選びください。

 以下の場所からダウンロードして、ファイルを解凍します。

vpnux admin GUI

Chapter 4. 設定ファイルの配置

次に、設定ファイルを配置します。

  1. [スタート]→[OpenVPN]→[Shortcuts]→[OpenVPN configuration file directory]を開きます。
    設定ファイル
  2. 設定ファイルを前項で開いたフォルダにすべてコピーします。
    OpenVPN GUI
  3. 設定ファイルに含まれるのは、通常は以下のファイルです。

    ca.crt     CA証明書

    client.ovpn   クライアント設定ファイル

    ※ファイル名は環境によって異なります。

Chapter 5. VPNサーバとの接続

 次に、VPNサーバと接続を行います。

  1. 画面右下のシステムトレイに[OpenVPN GUI]アイコンが表示されることを確認します。
    OpenVPN GUI
    アイコンが表示されていない場合は、[スタート]→[OpenVPN]→[OpenVPN GUI]を実行します。

    OpenVPN GUI

  2. [OpenVPN GUI]アイコンを右クリックし、[接続]をクリックします。
    OpenVPN GUI

  3. [OpenVPN接続]ウィンドウが開き、ユーザー認証画面が表示されます。「ユーザー一覧」でユーザー登録した際の[ユーザーアカウント]を入力してください。
    OpenVPN GUI

  4. ログが表示されます。
    OpenVPN GUI

  5. [OpenVPN GUI]アイコンが緑色になれば接続完了です。
    OpenVPN GUI

以上で、VPN接続は完了です。


Chapter 6. こんな場合には

システムトレイに[OpenVPN GUI]アイコンが表示されず、OpenVPN GUIを実行しても以下のメッセージが表示される場合:

OpenVPN GUI

一度 OpenVPN GUIのプロセスを終了させてから、再度[OpenVPN GUI]を実行してください。

OpenVPN GUI

  1. タスクマネージャを起動します。
  2. 「openvpn-gui-1.0.3.exe」を選択して、[プロセスの終了]ボタンをクリックします。
  3. OpenVPN GUIのプロセスが終了したことを確認後、[スタート]→[OpenVPN]→[OpenVPN GUI]を実行します。
設定ファイルの変更が必要な場合:
 以下の場合にクライアント設定ファイル[client.ovpn]を変更する必要があります。PCの環境に合わせて適宜変更願います。

  • 複数のクライアント設定ファイルを使う場合
  • VPN接続ソフトをデフォルトのインストール先ではなく、マニュアル指定した場合
  1. クライアント設定ファイル[client.ovpn]を「メモ帳」などのテキストエディタで開きます。
    OpenVPN GUI
  2. クライアント設定ファイルの開き方:
    [client.ovpn]アイコンを右クリック → プログラムから開く → 「メモ帳」(または、その他のテキストエディタ)を選択する。
     または、
    「メモ帳」などのテキストエディタを立ち上げておき、[client.ovpn]アイコンをテキストエディタにドラッグ&ドロップする。

  3. CA証明書のファイルパスをお使いのPC環境に合わせて適宜変更します。

    OpenVPN GUI
     ※画像は64bit用のクライアント設定ファイル

CA証明書のファイルパスの初期設定

項目名 32bit版 Windows 64bit版Windows
ca "c:\\program files\\openvpn\\config\\ca.crt" "c:\\Program Files (x86)\\openVPN\\config\\ca.crt"




ページのトップへ戻る